プロフィール

飯島利一

Author:飯島利一
授業づくりJAPAN(日本の誇りと歴史を伝える授業づくりの会)は独立国日本の再建を志す教師の会です。誇りある日本人を育てる授業を実践し、全国の同志と支え合います。国を思い先人に感謝し卑怯をにくむ日本人、日本人の自由と真実を守るために戦うことのできる日本人を育てます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高等学校 歴史と文化の授業
 
☆はじめに
 戦後の日本は、祝祭日が単なる休日化・世俗化している現状にあり、その由来・意味が忘れ去られているのではないか。そこで今回の授業では、まず祝祭日の本来の意味を考え、つぎに占領期の祝日法の制定をとりあげて、GHQの占領には日本の伝統・歴史・文化の断絶が意図されていたことを確認する。祝祭日の大切さを見直すことで、国民意識の形成につなげたい。
 
〈授業展開1〉祝日と祭日はどう違う?
 ふだん私たちが意識しないところに、意外な歴史が隠れていることがあります。今日は、「祝祭日を忘れてしまった戦後の日本人」をテーマに考えていきましょう。
 
 まず、皆さんは祝日をどんな風に過ごしていますか。およそ、その日が何の日かほとんど意識せず、単なる休日と思っていませんか。また、祝日は現在15日間ありますが、全部あげることができますか。2月11日は何の日でしょう?あるいは文化の日は何月何日でしょうか?次の資料見てください。
 
資料》日本の祝日(平成18年)
 
祝日
意味
1/1
元日
お正月。年のはじめを祝う日。
1月第2月曜
成人の日
大人になったことを自覚し自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日。
2/11
建国記念の日
紀元節。建国をしのび、国を愛する心を養う日。
3/21
春分の日
自然をたたえ、生物をいつくしむ日。
4/29
みどりの日
自然に親しむとともにその恩恵に感謝し豊かな心をはぐくむ日。
5/3
憲法記念日
日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する日。
5/4
国民の祝日
 
5/5
こどもの日
こどもの人格を重んじこどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日。
7月第3月曜
海の日
海の恩恵に感謝し、海洋国家日本の繁栄を祝う日。
9月第3月曜
敬老の日
多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し長寿を祝う日。
9/23
秋分の日
祖先をうやまい、亡くなった人をしのぶ日。
10月第2月曜
体育の日
スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう日。
11/3
文化の日
明治節。自由と平和を愛し、文化をすすめる日。
11/23
勤労感謝の日
新嘗祭。勤労を尊び生産を祝い国民がたがいに感謝し合う日。
12/23
天皇誕生日
天皇のお誕生日を祝う日。
 
2月11日は建国記念の日。文化の日は11月3日でした。こうしてまとめてみると、意外と憶えているようで月日が曖昧であったり、すっかり忘れてしまっている日もあるのではないでしょうか。祝祭日について、基本的なことから確認しましょう。
 
〈問題1〉祝日と祭日の違いは何でしょうか。説明してください。
 
 いざ説明しようとしても、なかなか難しいように感じませんか。そこで、考える手がかりとして諸外国の例を見てみましょう。
 
《資料》おもな世界の祝祭日(2006年)
アメリカ(ニューヨーク)      フランス(パリ・リヨン)       中国(北京・上海)
1/1
新年
1/1
新年
1/1
新年
1/19
キング牧師誕生日★
4/11
イースター
1/22
春節
2/12
リンカーン誕生日★
4/12
イースターマンデー
 〜28
2/16
大統領の日★
5/1
メーデー
5/1
労働節
4/9
聖金曜日
5/8
第2次大戦戦勝記念日★
  〜7
5/31
戦没者追悼記念日★
5/20
キリスト昇天祭
10/1
国慶節★
7/4
独立記念日★
5/30
聖霊降臨祭
   〜7
9/6
レイバーデイ(労働の日)
5/31
聖霊降臨祭の月曜日
 
 
10/11
コロンブス記念日★
7/14
革命記念日★
 
※慣例的に1週間
11/11
退役軍人の日★
8/15
聖母昇天祭
 
 
11/25
感謝祭
11/1
万聖節
 
 
11/26
感謝祭翌日
11/11
第一次大戦休戦記念日★
 
 
12/25
クリスマス
12/25
クリスマス
 
 
 
韓国(ソウル)         タイ(バンコク)           トルコ(イスタンブール)
1/1
新年
1/1
正月
1/1
新年
1/21
旧暦正月(23まで)
2/22
中国正月
1/31
犠牲祭前夜
3/1
3.1 独立運動記念日★
3/5
万仏節
2/1
犠牲祭 4日まで
4/5
植林の日
4/6
チャクリ王朝記念日★
4/23
独立記念日★・子供の日
5/1
勤労者の日
4/13
ソンクラン節(15まで)
5/19
アタチュルク記念日★
青年とスポーツの日
5/5
子供の日
5/2
メーデー
5/26
釈迦誕生日
5/5
国王即位記念日★
8/30
勝利の日★
6/6
顕忠節(戦没者慰霊祭)★
6/2
仏誕祭
10/29
共和国記念日★
7/17
制憲節(憲法記念日)★
8/1
入安節
11/13
断食明け大祭前夜
8/15
光復節(解放記念日)★
8/12
王妃誕生日★
11/14
断食明け大祭16
9/27
お盆(29まで)
10/25
チュラロンコン大王祭★
12/31
年末休日
10/3
開天節(建国記念日)★
12/5
国王誕生日★
 
 
12/25
クリスマス
12/10
憲法記念日★
 
 
 
 
12/31
年末休日
 
 
 
 国によって祝祭日はさまざまであることがわかります。★印のついているものが国家的な記念日にあたるもの。その一方で、国によってキリスト教だったり、仏教だったり、イスラムだったり宗教的なものがある。そこで次のように考えました。
 
【ポイント】 
祝日=国家にちなむ記念・お祝いする日
祭日=宗教的行事に由来するお祭りの日
         ↓
その国らしさ(国柄)歴史や文化を表すもの自分たちの国の来歴を再確認する意味
 
 祝祭日はいずれも、その国の国柄、精神、歴史や文化や風俗習慣などを表すもの。祝祭日を見ればその国がどんな背景をもつ国か、およそ推測することができますよね。
 とくに祝日は自国民にとって自分たちの歴史・文化を再確認する意味があると言われています。この国の今日があるのは、その歴史的事件があったからという、国民みんなで共有する公的記憶(パブリックメモリー)の確認を、毎年その日に行うのです。祝祭日は文化的かつ歴史的な意味をもつため、世界中の国々でとても大切にされているのです。
スポンサーサイト

Copyright ©授業づくりJAPAN TOKIO《高校》日本人を育てる授業. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。