プロフィール

飯島利一

Author:飯島利一
授業づくりJAPAN(日本の誇りと歴史を伝える授業づくりの会)は独立国日本の再建を志す教師の会です。誇りある日本人を育てる授業を実践し、全国の同志と支え合います。国を思い先人に感謝し卑怯をにくむ日本人、日本人の自由と真実を守るために戦うことのできる日本人を育てます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
 交差点の向側から眺めてみる。周囲を近代的な高層ビルに囲まれた小さな一角は、兵庫県神戸市三宮神社。慶応四年(一八六八)一月、戊辰戦争が始まった一週間後、ここで、日本を揺るがす大事件が起きた。
 大政奉還からわずか二ヶ月余り、ようやく発足した新政府は、旧幕府軍の攻撃にそなえて、備前岡山藩にこの地の警護を任せた。その備前藩の隊列が三宮神社付近を通ったところ、二人のフランス水兵が前を横切ろうとしたのだ。
 六年前の「生麦事件」の再現。
 本来なら手討ちにされても仕方がないところだが、藩士の大砲隊長、瀧善三郎は覆いがついたままの槍でフランス兵の腰を小突いて、制止しようとした。するとフランス兵はピストルを構えて、銃口を向けてくる。
 瀧善三郎は驚いて、「鉄砲!鉄砲!」と叫ぶと、隊列の鉄砲隊は「発砲命令」だと思い込み、威嚇射撃を始めてしまった。
 事件で死傷者は出なかったが、神戸沖に停泊していた列強の軍艦が結託し、神戸市街地が占領されてしまう。
 新政府は動揺した。旧幕府軍と新政府軍の内戦を、もっとも喜んで見ているのは欧米列強である。しかも、いまだ新政府は幕府から政権移譲されたことを諸外国に宣言していなかった。政府の一元化が出来ていない事態! そのため、伊藤博文が和平交渉にあたるが相手にしてもらえない。
 この混乱期に乗じて、列強は神戸ばかりでなく、日本各地を占領しかねない。
〜このまま軍事占領が続けば、香港や上海のようになってしまう〜
 フランス、イギリス、アメリカ、オランダ、イタリア、プロシア六カ国公使は連名で「発砲号令した士官の死罪」 を要求してきた。
 新政府は、列強の要求に屈し、本来なら国内法では無罪の備前藩に全責任を取らせることにする。岩倉具視は、備前藩主に「可惜、家臣をして過渡期の犠牲たらしむるは、藩主の忍び得ざる所、外人の無礼を問ふ能はざる此場合の苦衷は洵に察するにあまりあり」と書簡を送った。
 藩主池田茂政公からの沙汰に「馬前の討死に勝り、一人不憫に思ひ入る」との一言があったことから、瀧善三郎は、大いに喜んで主命に従ったという。
 瀧善三郎の友人で、介錯をつとめた篠原正言によれば、瀧の最期の言葉は、
「去月十一日神戸に於て行列へ外国人共理不尽に衝突したるに付、吾が国法に違うを以って兵刃を加え続いて発砲を号令せしは即拙者なり。吾は遠国の者にて、朝廷斯の如く外国人を鄭重に御取扱に相成ること全く承知せず、今過月の罪科を償う為に割腹して死す。御見証を乞う」
というものだった。
 なすべきことをしただけだった。藩主の隊列を横切った外国人の無礼を咎めた行為には「吾が国法」的には何の落ち度もないはずだった。しかし、瀧善三郎は黙って、国のため、新政府(朝廷)のために、その一身に責を負い腹を切った。享年三二歳。
 新渡戸稲造の『武士道』には、瀧善三郎の切腹の様子がみえている。彼の切腹時には、列強各国七人の立会人がおり、その一人が詳しく書き残したからである。古式に則った立派な切腹を果たし、この見事な様子は、ロンドンの新聞に絵入りで報じられた。
 彼の一命をもって、新政府は本当に危うい難局を乗り切った。日本は彼の犠牲によって植民地化をまぬがれたのである。
 今、神戸は国際都市として華やいでいる。旧大使館は北野異人館として、あのとき列強に占領された旧外国人居留地も観光客に人気のスポットとなっていた。欧米風の衣装を着せてもらい写真撮影をする若い女子もいる。別に咎め立てするつもりはない。そうした行為を、「異国趣味」として楽しめるのも、実は非常に幸福なことと自覚しているなら、だ。そもそも、国が滅びていれば、それは「異国」ではないのだから。
 一方で、能福寺にある瀧さんの慰霊碑を訪れる観光客は少ない。神戸事件という国難、瀧さんの自己犠牲、武士道の精華を知る人々は、どのぐらいいるのだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright ©授業づくりJAPAN TOKIO《高校》日本人を育てる授業. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。