プロフィール

飯島利一

Author:飯島利一
授業づくりJAPAN(日本の誇りと歴史を伝える授業づくりの会)は独立国日本の再建を志す教師の会です。誇りある日本人を育てる授業を実践し、全国の同志と支え合います。国を思い先人に感謝し卑怯をにくむ日本人、日本人の自由と真実を守るために戦うことのできる日本人を育てます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 
高等学校 歴史と文化の授業
           
☆はじめに
 今日は、私たちが日常あたり前につかっている文字について考えていきます。日本の先人たちが古代に漢字を輸入してから、どのように「かな」文字を発達させていったのでしょうか。その過程を具体的に見ることで、私たちの先人たちが如何に文字を工夫してきたかを学び、外来文化に対する日本人の意識を探って行きたいと思います。


☆授業の展開
1.日本の文字について考えてみよう

 雑誌をひらくと、あらためていろんなタイプの文字が使われていることに気づきませんか。漢字、ひらがな、カタカナ、アルファベットもあれば、アラビア文字(数字)さらにフリガナの小さい文字。実に、にぎやかな文章であふれています。普段ほとんど意識することはないが、わたしたちは一つの文章の中でさまざまな種類の文字を使っている。そのため日本人の文字はとても複雑だと言われているのです。

問1「せんこう」と読む漢字を、思いつく限り書いてください。

 いくつ書けたでしょうか。「線香・先攻・専攻」など、さまざまな意味の熟語がありますよね。ほかにも「戦功・選考・先行・閃光・潜行・先公(笑)」と。アクセントの違いはあるけれど、同じ発音の言葉なのに、文字は何種類もあります。私たちは自然に、文脈や会話の中からその漢字を当てはめて理解しているのです。

問2 「十一月三日はちょうど祝日で日曜日です」日の字をそれぞれどう読みますか。

 皆さんは当たり前のように読めますね。みっ「か」、しゅく「じつ」、「に」ちよう「び」。短い一文の中に4回も同じ文字が出てきて、すべて読み方が違います。あらためて考えてみると、私たちは、ほとんど一瞬に判断して読み分けている。かなりすごいと思いませんか。
 このような言語と文字の例は、世界でもきわめて珍しい。そのため、日本人の文字は、風変わりで複雑なものと言われています。どうしてこのように複雑になったのでしょうか。日本人は、文字とどう向き合い、どのようにつきあってきたのか。具体的に探ってみましょう。


2.漢字が入ってきた 
 まず日本人が最初に出会った文字は、漢字でした。我々の先人が漢字を文字として使用するようになるのは、諸説ありますが遅くとも4〜5世紀のこと、古墳時代にはみとめられます。

問3 漢字には、法律・宗教をはじめ中国文明の学ぶべき情報がたくさん詰まっていた。漢字を学んだ日本人は、しだいにその文字を自分たちの社会に役立てようと考えるようになりました。そこで、当時の日本人はどうしたでしょうか。
 ⓐ漢字を正しく使いこなすために、当時の日本語(やまと言葉)をやめて、漢語(中国の言葉)を
  読み書き話す術を身につけようと努めた。
 ⓑ自分たちの言葉(やまと言葉)を文字で表そうと、漢字の音(発音)を利用して当時の日本語
 (やまと言葉)を書き表した。
 ⓒ漢語(中国の言葉)を話すことはできなくても、文字の意味がわかれば文化は吸収できるので、
  漢字を強引に日本語で読んだ。


 簡単に言うと、ⓐは自分たちのしゃべっていた言葉を捨てて中国語を話すようにしたということ。ⓑは厳密言うと違うのだけど、よく暴走族がやる落書きで「ヨロシク」を「夜露四苦」みたいに書いた。ⓒは現代の私たちのイメージに近づけるために英語に置きかえて言うと、たとえば「DOG」という文字を強引に「いぬ」と読ませたということです。
 皆さんは、どれが正解だと思いますか。ⓑⓒの2つが正解です。まずⓑの場合から具体的な事例を見ていきましょう。

【資料1】
 ①獲加多支鹵
 ②巷宜有明子  
 ③有麻移刀等已刀弥弥乃弥己等 


 資料1の①〜③はいずれも人名です。①は稲荷山古墳出土の鉄剣銘に刻まれた文字で「ワカタケル」と読みます。雄略天皇のことです。5世紀の「倭の五王」で学習しましたよ。②と③は読みづらそうですが…。7世紀はじめ、推古天皇のころの超有名人です。正解は②が「蘇我馬子」(ソガノウマコ)、③が「聖徳太子」です。聖徳太子は厩戸皇子(うまやどのみこ)でしたね。③をしっかり読むと「うまやととよとみみのみこと」となります。

 それでは次にⓒの例を紹介します。次の資料は有名な文章ですが、読める人はいますか。『日本書紀』に記録された「十七条憲法」の一節です。

【資料2】 
 以和為貴、無忤為宗。
(やわらかなる(わ)をもって、とうとしとなし、さかうることなきをむねとせよ。)


 聖徳太子の憲法十七条の第一条でしたね。この文章は、漢字ばかり並んでいるので一見漢文風だけど、実はやまと言葉でないと読めない文章なんです。漢字を強引に日本語で読んだ例です。たとえば「和」という字は本来「わ」としか読みようがないのに、「やわらか」という日本語の訳で読ませることにしたということです。
 以上の2つの資料から確認できたことをまとめましょう。ⓑの表記を音仮名と言います。ⓒは訓書きという方法です。漢字による日本語の表記は、音仮名という中国文字の音をつかったものと、訓書きと言って日本語の訓訳をあてるものと2種類あるのです。中国の文字を学んでも日本の言葉を捨てずに両方を使い分けたということです。
 ここまでいえば、漢字には音読み・訓読みがあることに思い当たるでしょう。音読みは中国語的な発音の読みで、訓読みは日本語で訳した読み方なのです。
 
 とりわけ、訓読み・訓書き方式の発明は画期的だったと言われています。と言っても、みんなは小学生の時から訓読み・音読みを体得させられているから、驚くに値しないかもしれないけれど…。
 例えば「山」を「やま」とよむのは当たり前と思うでしょう。しかし、これは相当奇抜な発想なのですよ。現代の私たちの感覚に近づけて言うと、mountainという英語がありますね。これはマウンテンとよんで「山」のことだと習いますが、英語のmountainを直接「やま」とよむのだ、dogを「いぬ」、catを「ねこ」と読むのだと言われたら、相当戸惑うでしょう。私たちの先人たちは、見ようによってはかなり大胆なことをやってのけた。すなわち訓読み・訓書きは、漢語(中国語)としてよむ以外にないものを、自分たちの言葉でよむことし、内容豊かな古代中国の古典などの学習を可能にしたというのです。

 ちなみにⓐの場合をとっていたらどうなっていたでしょうか。たしかに当時の日本人は漢語をかなり懸命に勉強したでしょうが、決してやまと言葉(日本語)を捨てようとはしませんでした。もし自分たちの言葉を捨てていたなら、中国文明の影響によって、日本独自の文化形成は阻まれていたかもしれません。たとえば、フランスの植民地だったアフリカの地域では、国の指導者はフランス語を話し、一般の民衆は現地語で会話するので、その国の文化の独自性が阻まれているという例があるのです。


3.万葉仮名という方法
 漢字を学んだ日本人は、しだいに自分たちの言葉に近づけて文字を表そうと模索します。純粋な日本語を写そうとしたり、声に出して読めるようにするには、語順や助詞などを含め、表記を日本語に適した形にもっていかざるをえない。しかし、そもそも中国語には助詞がなく活用もない、さらに語順も違います。そこで、当時よく使われていたのが万葉仮名です。漢字仮名交じり文ともいい、万葉集で使われていた日本語の表記方法なのです。

問題4 次の文字は暗号のようにみえるが、実は『万葉集』巻第三・318 山部赤人の和歌(日本古典文学大系『萬葉集一』)。訓として読む漢字(訓書き)と音として読む漢字(音仮名)とを区別して解読してみよう。

 田児 打出 眞白 
 不盡高嶺  雪家留

                          
 読めますか。下線部を助詞・活用語尾と判断すると分かりやすいと思います。正解は「田児の浦 打出で(て)見れば 真白にぞ 富士の高嶺に 雪は降りける」となります。意味は、「田子の浦(現在は静岡県富士郡)を通って(眺望のよいところに)でてみると、真っ白に富士山の高嶺に雪が積もっていることだ。」雪化粧をした富士山とは、実に日本的な風景ですね。

 よく間違えてしまうところは、「白衣」を「はくい」「びゃくえ」とよんでしまうことです。やはり「しろいころも」と思ってしまいますよね。でも答えは「真白に」。「衣」の字を助詞として音仮名で読んでいいのか、「ころも」と訓で読んでいいのか、わかりづらいのです。全部漢字で書かれているので、その区別が難しい。和歌のように五七五七七と定められていればそれに合わせて読めばよいが、散文では訓としての漢字と、音として読む漢字としての漢字の区別がよけいに困難になるのです。そこで、ひらがな・カタカナが登場してくることになります。


4.ひらがな・カタカナの発明
 日本の文字は、平安時代中期、いわゆる摂関政治の時代に大きな転換期を迎えることになります。すでに9世紀ころから唐の衰退により、その文化の影響力は低下していて、漢字をもとに略したり、部首をとってみたり、独自の「かな」が用いられるようになります。たとえば[ひらがな…安=あ 以=い ][カタカナ…阿=ア 伊=イ]となります。

問題5 当時の日本人が発明したひらかな・カタカナをどのように生み出されたのでしょうか。
 ⓐ唐に対抗して、日本独自の文化をつくろうという国風文化の風潮のなかで、天皇や摂関家など朝
  廷が中心となり、国家事業として「かな」を制定し日本の文字として推奨した。
 ⓑ貴族社会のなかで、日常の細々とした記録や消息、本の書きこみなどから字形の簡略化がすすみ、
  自然発生的に「かな」は生まれてしだいに普及していった。


 平安朝廷が国家事業として「かな」を制定したのか、それとも自然発生的にうまれたものなのか、どちらでしょうか。正解はⓑです。中国の文明の象徴である漢字の威厳にとらわれず、日本では実用性から労力経済が働き、しだいに文字を簡略化する方向にいったと考えられます。

 日本の「かな」は実用性から出発したために、しだいに庶民にも広まります。ところで中国では、文字は支配階級(士大夫)の特権だったらしい。文字は生活に余裕のある者だけが学べるものであり、一般大衆を寄せつけなかった。だから漢字には威厳があり、そのためには必要以上に難しくないといけないという風潮があったようです。その点、情報伝達の手段という実用性からうまれ、やがて広く庶民にも普及した、日本人の文字は中国の場合と対照的ですね。


5.まとめ 日本人の文字
1.「かな」の発明が日本の文化を生んだ
日本人にとって、「かな」が生まれたことはどのような意味があったのでしょう。

資料3】 紀貫之「ひらがなの序文」
「やまとうたは、ひとのこころをたねとして、よろづのことのはとぞなれりける。よのなかにある人ことわざしげきものなれば、心におもふを見るものきくものにつけていひいだせるなり」
(意訳)「和歌というものは、人の心の中にある感情を核として生まれた言葉によってできている。世の中に生きている人間にはいろんな事が起きて忙しいけれども、その忙しさが人間に働きかけて、いろんな感情を生む。その感情があるからこそ、人間は何かを見たり聞いたりするにつけて、自分の感情を形にした歌を詠むのである。」


 これは和歌について語る文章ですが、人間の感情の発生を語る文章でもあります。そして日本人にとってその心を最もよく表現する道具は、外国語である漢字や漢詩ではなくて、日本製のひらがなであったことを示すものです。
 自分たちの考えや気持ちを自分たちの言葉と自分たちの文字で、何の束縛もなく自由自在に記しうること、そして日本的な感性を育んだこと、この重要性はいくら強調してもしすぎるということはないでしょう。
 さらに言えば、『古事記』『万葉集』から『竹取物語』や『源氏物語』『伊勢物語』『平家物語』、さらに歌集・日記類から随筆『徒然草』に至る膨大な「かな古典文学」とも言えるものが創造されるようになりました。これがなかったら、現代の日本文化はなかったと言えるでしょう。日本人は「かな」をつくり、「かな」が日本の文化をつくったということなのです。

2.漢字を捨てなかった日本人 その理由 
「かな」ができたからと言って日本人は漢字を捨てたわけではありません。むしろ積極的に漢字の良さを自分たちの文化のなかに取り入れようとしました。具体例を紹介しましょう。

【資料4】
①鰯・鰹など魚片の漢字
②政界・政局・政断など「政」に関わる語句
③「はかる」という日本語
  =「計・図・測・謀・量」の使い分け
④谷川俊太郎
 「このこのこのこ どこのここのこ
  このこのこののこたけのこきれぬ」


 ①は日本人が元来の漢字にはない日本製漢字を生み出した例。②は漢字を組み合わせて、日本人はあらたな造語をつくった例。③は漢字を使い分けることによって、一つの意味であった和語(日本語)が精密化された例。⑤漢字によって文字列が読みやすく、かなだけでは理解しづらい例。

【資料5】中国の外来語辞典に載る和製漢語
 背景 理想 版画 不動産 領土 理性


 これらの語句は、中国の外来語辞典に日本の語として掲載されたものです。驚いたことに、日本人がつくった語句を、現在、中国人たちが使用している例なのです。いわば、ちょうど漢字の「逆輸入」ともいうべき現象がおこっている。それだけ日本人は漢字を自分たちのものに消化したことを示しているのではないでしょうか。

3.日本人の外来文化に対する意識
 最後に、山本七平氏の一文を読んで終わりたいと思います。

【資料6】山本七平「日本人とは何か。」
日本人は、かなによる自国の世界を生きつつ、同時に漢字という当時の東アジアの「世界文字」につながって生きていたということ。すなわち日本の独自性と世界の普遍性を併せもつことで日本の文化が形成された。その姿勢は多様性を認めるということ。漢字を捨てず平仮名・片仮名など文字や文章に統制を加えず、自然のままにしておく。日本人は、文字をはじめ文化に対して多様性を尊重する民族と言えよう。今日私たちの周りにある衣食住をみても思い当たる節があろう。


問題6 今日の授業を学んで、思ったこと・考えたこと等をまとめて、感想を書きましょう。


[参考文献]
①山本七平「文字の創造」『日本人とは何か。』PHP文庫 1989 
②樺島忠夫「漢字からローマ字まで」『日本語の歴史』大修館書店 1977 
③樺島忠夫『日本の文字』岩波新書 1979 
④小松茂美『かな その成立と変遷』岩波新書 1968 
⑤西尾幹二「日本語確立への苦闘」『国民の歴史』 1999 
⑥高島俊男『漢字と日本人』文春新書 2001 
⑦大野晋『日本語はいかにして成立したか』中公文庫 2002

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright ©授業づくりJAPAN TOKIO《高校》日本人を育てる授業. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。